化学物質過敏症(Chemical Sensitivity=CS)で無施肥無農薬の野菜や果物を食べて頂いているお客様に会いに行ってきました。

  サイトマップ
無施肥無農薬野菜トップページ 会社紹介 利用案内 お客様の声 Q&A 会員登録・修正 FAX注文 農産物の産地について
   
  ログイン 会員登録
 『販売中』で検索することにより販売中の商品のみ表示します 注文履歴 | 会員登録 | ログイン | 買い物かご | ポイント | 電子メール

無施肥無農薬野菜
商品カテゴリー

お米・穀物

飲料

野菜

果物

お漬物・惣菜

お菓子

乾物・調味料

卵 

肉・魚 

産地直送の商品
無肥料・自然栽培ハンドブック
100%天然素材の除菌・消臭液「まもるくん」
野菜自然食品・オーガニック・有機野菜野菜自然食品
無施肥無農薬栽培農産物

よしま農園お漬物

ご贈答用

無農薬野菜
店長訪問記

水田見学会
中本農園
冨田農園
化学物質過敏症のお客様
かたぎ古香園
小米茶園(碾茶)
飛騨高山よしま農園
無施肥無農薬水田
小米茶園(えんどう畑)
その他の訪問記

店舗内ランキング


シックハウス保証の無添加住宅 三浦製材株式会社


無肥料だから素材の味を活かしたレシピ募集中!!



2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日

 
 
   店長訪問記 > 化学物質過敏症のお客様のところへ
 
 
化学物質過敏症のお客様のところへ 平成19年9月27日
本当に空気の良い、水の美味しい場所です
凸凹の未舗装路をどこまで登ればいいのだろう?

標高1,400mとは聴いていたけど…
これだけ登るとさすがに不安になる。

道は、普通車が通れるが、決してすれ違いはできない。
周りには、木々が生い茂っていて、民家はもちろん、
人には、出会っていない…

ほんとうにここであっているのだろうか?

そんなことに不安を頂きながら、未舗装路を登ること約20分。
木々の向こうに青いビニールシートが見えた。

「ここだ!」

良かったという安心感と
初めて対面にちょっとドキドキする。

それは、まだ残暑が厳しい9月27日のこと。
当店のお客様(以下、Aさん)の所へ行ってきました。

■ 化学物質過敏症

Aさんは、40代の女性でご主人と二人で、長野県の山の中で
テントでの生活をされています。

決して、好きでこの生活をされているのではありません。
家は、横浜にあるのですが、そこに居られない事情があり、
ここでの非難生活をされています。

実は、Aさんは重度の化学物質過敏症(Chemical Sensitivity=CS)です。
化学物質過敏症とは、空気中の微量な化学物質にさえも反応して
様々な症状(人によって、摂取する化学物質によって症状は様々です。)を
引き起こす、環境病の一種です。

■ 化学物質からの避難生活

なぜ、Aさんがこの地でテント生活をされているのか…

それは、今、横浜の家の近くでシロアリ駆除が実施され、その薬剤の影響を避けるために
長野県のこの地で生活をされています。
(それを僅かでも吸い込むと呼吸ができなるとのこと。)


家には、大きな空気清浄機が付いていますが、 それでも、そこにいることはできないのです。
そして、いろいろと安全な場所を探して転々とされ、やっとこの場所を発見されたのでした。

標高1,600m、日本アルプスに囲まれた本当に森の中です。
近くに、湧き水が出ていて、そのこの水を使って、生活をされています。

テントでの生活といいますと、市販のテントを想像されるかもしれませんが、
彼女のテントは、古いビニールシートとビニール袋、そして自然の木を使って作った簡単なもの。

普通のテントやビニールシートでは、それらより発せられる微量の化学物質に反応してしまいます。

そのため、ビニールシートやビニール袋は、何度も洗っては干しを繰り返して、やっと化学物質が除去された、見た目には綺麗と言えなくてもそれは、それは、貴重なものなのです。
本当に美味しい水でした
ブナの木の原生林の下から湧き出る水です。まろやかでとても美味しいです。

■ 発症の原因!?

Aさんが化学物質過敏症を発症されたのは、2003年のこと。

その当時、引っ越された新築のマンションがいわゆるシックハウスでした。
子供の頃より喘息が持病で、35歳までずっと薬を飲み続けていた彼女の体は
建材・施工材から発せられる大量の化学物質に耐えられなくなり、
この病気を発症してしまったのです。


発症した当時は、まだ今ほどの重症ではなく、普通に外出もできていたそうです。
しかし、その後、2004年に近所で行われたシロアリ駆除の影響で
現在のような重度の化学物質過敏症になってしまったとのことです。

(※シロアリ駆除と化学物質過敏症との因果関係は化学的に証明されたものではありません。)
防ここまでしないと横浜では、外に出れないとのこと!!
防塵マスクにさらに活性炭のフィルターを何重にも重ねないとダメとのこと。
現在は、(お住まいの横浜では、)防塵マスク無しでは外出はできませんし、 家では、窓を開けられず、24時間空気の循環装置の付いた部屋で生活をされています。

食べる物も限られます。
添加物の入った市販の食品はもちろん、オーガニックや有機野菜と言われる物でも反応が出てしまうのです。

それは、肥料として使われる家畜の糞尿堆肥には、家畜が口にした化学物質や投与された薬剤が微量に含まれいて、それが野菜にも吸収されているからなのです。

Aさんの体はそんな僅かな化学物質にも反応してしまうのです。


■選ばれた食べ物

僅かな化学物質にも反応してしまう…

そのため、Aさんは、現在、当店の無施肥無農薬栽培の作物を中心として
無肥料栽培の作物だけを食べておられます。
もちろん、お肉もお魚も食べることができません。

でも、残念ながら無施肥無農薬栽培や無肥料の作物でも
(無肥料にして)年数が浅かったり、近くに工場や原発があると
反応してしまう物もあります。

それは、以前に施した肥料や農薬が、完全に抜けきっていなかったり、
工場から出る化学物質や放射能が、作物になんらかの影響を与えているとのこと。

彼女の食べれるお野菜は、本当に極僅かの選ばれたものなのです。

そんなお野菜に対して彼女はこう言ってくれます。

「命を助けてもらっています。」
今年の夏は、とても暑く、何度となく猛暑日がありました。
空気の循環装置が付いていると言ってもエアコンを使えないAさんの部屋の温度は、40度を越えることもあったでしょう。

そんな時にお電話を頂き、お話の中で出た言葉でした。

「美味しかった」と言ってもらえるお野菜は他にもあるかも知れないけど、

「命を助けてもらっています。」

こんなことを言ってもらえるお野菜は、無施肥無農薬栽培のお野菜だけだろう。

販売している者として、とても励みになる言葉でした。
本当に暑い夏でした
今年の夏は“猛暑日”という言葉を何度も聞きました。エアコンの無い締め切った部屋はどんな状態だったのでしょう…


■本当の幸せ

今回、この長野県を訪れて、お話をし聞きながら、Aさんの手料理を頂きました。

ジャガイモ、ピーマン、とうがらし、トマト、ご飯
もちろん、どれも当店の無施肥無農薬栽培の作物です。

何にも汚されていない自然の中で
自然が作り出したご馳走を食べる。
その食事は本当に美味しく、そして幸せな時間でもありました。

彼女は、この標高1,400mの地で、昼間は簡単なテントで生活し、
夜は車の中で眠ります。

電気もガスも水道もない。
テレビ、冷蔵庫もなければ洗濯機もない。

そんな彼女の生活を見て私は、言いました。

「大変な生活ですよね…」

でも、そんな私の言葉に彼女は、こう答えたのです。

「大変じゃないんですよ。」

「ここでは、マスクをしなくても外に出れるし、
美味しい水に美味しい食事もあって、
自由に走りまわることができんですもの。」


私達は、なんでも食べることができ、
沢山の便利な物に囲まれて、生活を送っています。

でもそれを、当たり前のことと感じ、好き嫌いをし、
もっと便利な物をと欲しがります。

人間の欲は際限がありません。
物質的に満たされていても、決して心が満たされることはなく、
物質的に満たされない方が、心が豊かになるのではないでしょうか?

彼女の言葉は、まさにそのことを言い表しているように思えました。


現在、この化学物質過敏症の患者さんが増えていると聴きます。
当店のお客様にも何名かこのご病気の方がおられます。
人間の体は様々な化学物質を摂取し、
もう限界に近づいているではないでしょうか?

様々な原因不明とされる病気や、アレルギーや癌患者の増加…

僅かな化学物質さえ、排除しようとする彼女の体が、異常なのではなく
普通にそういった物を拒絶もせず、摂取できてしまう私達の体が、鈍感なだけ…


そんな風に思えて仕方がないです。

今、彼女は横浜に帰ることを諦め、この地で生活できるように
家を作る計画を進行中です。

寒い冬を迎えるにあたり、少しでも早く、寒さがしのげる場所ができますように。


追伸:

12月3日現在、彼女いる場所は余りに寒く、一旦、横浜へ帰ることになりました。
しかし、実家の近くで校舎の外壁工事が行われており、 それが終わるのを待っています。
一刻も早く、その工事が終わり、家に戻ることができることを祈ります。
Aさんに毎週お届けしているお野菜です >>> 【無施肥無農薬栽培】旬のお野菜・果物を定期宅配

ご注文いただき、誠にありがとうございます!



発送について
  ■ 配達業者
   

佐川急便または、クロネコヤマトを利用いたします。(一部、沖縄県へのお荷物につきましては、郵パックを利用する場合があります。) 

※お支払い方法で【代金引換便】をご選択の場合は、佐川急便での発送となります。
※定形外郵便または、クロネコヤマトメール便を利用できるものについては、送料のご負担を減らすために利用致します。(利用有無については商品ページに記載。)

■ 送料
    以下の場合を除き、全国一律648円ご負担願います。
  • 商品ページにクール便使用の記載がある商品については、別途432円ご負担願います。(送料1,080円)ただし、定期宅配につきましては、お客様のご負担を少しでも減らせるよう、クール便送料を864円(沖縄県および離島の場合は1,684円)に値引きさせて頂きます。
  • 同一発送先の商品代金が10,800円以上(産地直送の商品や予約商品で同梱できない商品は、除きます。)の場合、送料は当店負担とさせて頂きます。ただし、追加で必要となります追加料金(クール便の場合432円、沖縄県及び離島の場合の648円)はご負担頂きます。
  • 沖縄県、離島の場合は、別途648円頂戴いたします。
  • クール便発送の商品と常温発送の商品を一緒にご注文いただいた場合、両方の送料が合算されて表示されます。同梱をご希望の場合は、ご注文の際、その旨をメッセージ欄にご記入下さい。後ほど、送料を訂正させていただきます。
  ■ 配送予定
   
【無施肥無農薬栽培や自然栽培の農産物(定期宅配セット以外)】
  野菜・果物は基本的に当店では在庫を持っておりません。一部ご予約の作物を除き、定期宅配の発送日に合わせて入荷してまいります。そのため、定期宅配と同じ火曜日または金曜日に発送致します。またお米は、基本的に金曜日までにご注文いただいた分を翌火曜日に発送いたします。ご注文のタイミングによりましては、発送までお待たせする場合がございますので、その点をご了承下さい。

【即日発送可能な場合も…】
加工品(お米、お茶など)や日持ちのする野菜(ジャガイモ、里芋、サツマイモなどの根菜類)につきましては、当店で在庫を保有している場合があり、即日発送できる場合があります。もし、お急ぎの場合は、お手数ですがメールやお電話(0774-65-3718)にて、ご確認下さい。
無施肥無農薬栽培と自然栽培の野菜・果物(定期宅配セット)
  毎週火曜日または、金曜日に発送いたします。到着は、翌水曜日または、土曜日以降となります。
無施肥無農薬栽培の野菜・果物(定期宅配セット)の発送サイクル
よしま農園のお漬物
  翌営業日の発送となります。(ただし、発送に際して、お支払い方法が銀行振込または郵便振替をご選択の場合は、お支払い完了後となります。)
【その他の商品】
  12時までにご注文頂きましたら、即日発送させて頂きます。(ただし、発送に際して、お支払い方法が銀行振込または郵便振替をご選択の場合は、お支払い完了後となります。)
※基本的には14時までにご入金確認できましたら、その日に発送させて頂きます。それ以降にご入金頂きました分は、翌営業日の発送となります。ただし、14時までにご入金いただきましても、定期宅配の発送日(毎週火曜日または金曜日)や発送作業の混み具合によりましては、翌営業日の発送となる場合がございます。予めご了承下さい。
>>> お支払いについて
>>> ご返品について

 

Copyright c 無施肥無農薬野菜のハート.netshop All Rights Reserved. 0774-65-3718
商号名 : 有限会社ハート   代表 : 岡崎正享
個人情報保護ポリシー 個人情報担当者 : 岡崎正享  特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 京都府京田辺市大住丸山33-3